コラム

一般的な保険の基礎知識など、お役立ちコラム

育英費用とは 保険の例・保険が適用されるケースを解説

育英費用とはどのようなものなのでしょうか。育英費用が支払われる保険の例と保険が適用されるケースなどをあわせて解説いたします。

保険の中には、育英費用特約(保険により名称は異なります)などを用意しているものがあります。気になったとしても、育英費用の意味がわからなければ検討を進められませんよね。このページでは、育英費用と育英費用が支払われる保険について解説しています。育英費用について理解を深めたい方は参考にしてください。

「育英費用とは?保険の例を挙げて解説」

育英費用の「育英」は、優れた才能を持つ青少年を教育することです。また、学費などを援助することも意味します。つまり、保険における育英費用は、子供の教育資金(養育費)の補償と考えることができます。

育英費用が支払われる保険として、自動車保険の育英費用特約が挙げられます。育英費用特約は、支払い対象になる事故で扶養者(親権者に限る)が死亡した場合、または所定の後遺障害を負った場合に、保険金(育英費用)が支払いの対象となる特約です(具体的な内容は自動車保険で異なります)。育英費用特約が適用されると、子供1名あたり500万円や、子供の在学期間中は1か月あたり5万円が支払いの対象となる保険などがあります。

「育英費用特約が適用されるケース」

育英費用が保険金として支払われるケースは、保険商品で異なります。自動車保険にセットされた育英費用特約は次のケースなどで支払いの対象となります。

  • 人身傷害保険の支払い対象になった事故
  • 搭乗者傷害保険の支払い対象になった事故

人身傷害保険は、記名被保険者またはその家族が、契約車両または他の車に搭乗中の事故で死傷した場合などに保険金が支払いの対象となり、搭乗者傷害保険は、契約車両に搭乗中の方が事故で死傷した場合などに保険金が支払いの対象となります。

また、子供保険では、扶養者が急激かつ偶然な外来の事故で怪我をして、子供を扶養できなくなったときなどに育英費用が支払いの対象となります。

保険により育英費用特約が適用されるケースは異なるので、内容をよく確認してから加入することが重要です。

「育英費用特約は教育費用(養育費用)を準備できる」

育英費用とは、子供の教育費用(養育費用)のことです。育英費用が支払われる保険に加入しておけば、保険事故が起きたときに教育費用(養育費用)が支払いの対象となります。ただし、保険あるいは特約が適用されるケースや支払われる保険金額は保険商品で異なります。どのようなときにどれくらいの保険金額が支払われるか確認したうえで加入しましょう。

お電話でのお問合せ

 通話料無料 0120-500-572 

午前10時〜午後6時 土・日・祝日除く(水曜日は午後3時まで)

ページの一番上へ