コラム

一般的な保険の基礎知識など、お役立ちコラム

保険証券とは?紙の証券はコピーを取っておくと便利かも

保険証券とはどのようなものなのでしょうか。保険証券の概要と必要になるタイミングや扱い方などを解説いたします。

学校や勤務先などから自転車通学・通勤のため自転車保険に加入した証明書の提出を求められた際に、何を提出すれば良いか悩むことはありませんか。このページでは、保険証券の概要を解説するとともに必要になるタイミングや扱い方のコツなどを紹介しています。保険証券について理解を深めたい方は、参考にしてください。

「保険証券とは?」

保険証券とは、契約成立後に保険会社から保険契約者に交付される証書です。証券番号や保険契約者名、保険期間、補償内容など、契約に関する詳細が記載されています。

以前は保険契約の締結後に紙の保険証券が郵送で届けられていましたが、最近ではWeb証券を発行する保険会社が増えています。Web証券とは、契約している保険会社のWebサイト内契約者ページなどで確認できる保険証券のことです。Web証券には、郵送の到着を待つ必要がない、管理や紛失時の再発行の手間がかからないなどのメリットがあります。

「保険証券の必要性」

保険証券は、自転車で通学・通勤をするにあたり、学校や勤務先が保険加入を義務付けているケースなどで必要になります。自転車保険に加入していることを確認するため、学校や勤務先から提出を求められるからです。
そのほか、保険証券は保険金を請求する時に手元にあると、事故の連絡がスムーズになります。また、契約後に時間が経つにつれ、契約内容を忘れてしまうこともあるかもしれません。契約内容の確認や、保険契約を見直すときにも役立ちます。いずれにせよ、重要なものなので紛失しないように保管しましょう。

「紙の保険証券の場合はコピーをしておくのがおすすめ」

学校や勤務先から自転車保険の保険証券を求められた場合、Web証券は該当ページをプリントアウトしたもの、紙の保険証券はコピーしたものを提出します。紙の保険証券は、原本を提出するわけではないので注意してください。必要になることがわかっている場合は、あらかじめコピーをしておき、原本とは別に保管しておくと便利かもしれません。

お電話でのお問合せ

 通話料無料 0120-500-572 

午前10時〜午後6時 土・日・祝日除く(水曜日は午後3時まで)

ページの一番上へ