コラム

一般的な保険の基礎知識など、お役立ちコラム

二人乗りバイクで事故!保険の適用は可能かどうかを解説

バイクに二人乗りをしているときに事故を起こした場合、保険は適用されるのでしょうか。知っておきたいポイントを解説するので、参考にしてください。

パートナーや友人と、バイクに二人乗りをすると楽しいですよね。気になるのが、事故を起こしたときに保険が適用されるかどうかです。保険が適用されないのであれば、二人乗りを控えたほうがよいと考える方もいるでしょう。二人乗りバイクで事故を起こしたときに、保険が適用されるかどうかを解説するので参考にしてみてください。

「バイク保険の必要性について」

二人乗りバイクへの保険適用の前に、理解しておきたいのがバイク保険の必要性です。バイク保険は、強制保険(自賠責保険)と任意保険(いわゆるバイク保険)に分かれます。

自賠責保険は、自分が起こした事故によって相手が怪我をしたり死亡した場合に対して、限度額の範囲内で保険金が支払われる保険です(対人賠償)。あくまでも交通事故の被害者を救済することを目的としているため、自身の怪我や、自身・相手のバイクの破損といった、「もの」に対しての補償はありません。

自賠責保険(強制保険)支払保険金の限度額

傷害:120万円
死亡:3,000万円
後遺障害:75万円〜4,000万円

これに対し任意保険は、自賠責保険より補償範囲が広い保険です。相手の怪我はもちろん、相手のバイクの損害、自身の怪我や自身のバイクの損害なども補償対象にすることができます。支払われる保険金額も、無制限などを設定することが可能です。強制保険だけでは十分な補償を受けられないため、バイクに乗るのであればバイク保険が必要といえるでしょう。

「二人乗りでバイク事故を起こした場合の保険適用は?」

二人乗りバイクで事故を起こした場合の保険適用は、強制保険と任意保険で異なります。先ほど説明した通り、自賠責保険の補償内容は対人賠償のみなので、バイクの運転者が怪我をしても補償の対象にはなりません。同乗者が怪我をした場合、同乗者が他人の場合は対人賠償保険の対象となりますが、家族の場合は対人賠償保険の対象とはなりません。

任意保険の場合はどうなのでしょうか。任意保険は、人身傷害保険、搭乗者傷害保険に加入していれば、二人乗りバイクで事故を起こしたときに運転者、同乗者ともに補償を受けられます。また、相手の「もの」や自身のバイクの破損、示談交渉サービス、ロードサービスなど、様々な補償をオプションで追加することができます。
補償内容を理解した上で、任意保険に加入しておくと安心です。

「バイクに二人乗りするときは必ず任意保険に加入しましょう」

バイク保険は、自賠責保険と任意保険に分かれます。加入を義務付けられている自賠責保険は、補償範囲・補償内容とも限定的です。同乗者が補償の対象になったとしても、十分な保険金を受け取れない恐れがあります。また、運転者は補償を受けられません。バイクに二人乗りする方は、バイク保険に加入しておきましょう(二人乗りをしなくても基本的には必要です)。
ただし、任意保険の補償範囲は契約内容によって異なりますので、自分に必要な補償が何かを考えた上で加入するようにしましょう。

お電話でのお問合せ

 通話料無料 0120-500-572 

午前10時〜午後6時 土・日・祝日除く(水曜日は午後3時まで)

ページの一番上へ